MBPについて
  • HOME
  • MBPについて_品質管理

品質管理

三井倉庫グループ 100年を越す歴史。
徹底した品質管理をもってクライアント様に信頼あるサービスをご提供いたします。

ISO、Pマークの外部認証

ISO/IEC 27001
Pマーク

情報セキュリティーについては徹底した管理体制をもって事業を行っております。BPOサービスを提供するにあたり、ISO/IEC 27001の認証を取得し、また、Pマークの使用許諾を受けるとともに、PDCAサイクルを実行する事で品質の向上を図っております。

情報資産へのアクセス管理へは厳重なアクセス権限管理、様々な認証システムにより機密性の保持を実現しております。
情報の信頼性においてはシステム監査等の実施、業務の精度を向上させると同時に情報に対するマインドセットや情報リテラシー教育を実施することにより完全性を高めております。
また、バックアップシステム等の整備を行い、安定した情報資産へのアクセスを実現し可用性を保っております。

KPIマネジメントと業務の標準化・共通化(SOP)*

ビジョンと事業計画の共有をもとに、目標とゴールを数値化し、科学的に検証可能な人材育成プログラムを導入しております。同時に、カイゼン手法、IE手法を取り入れることにより業務の標準化・共通化を行い、KPIマネジメントと親和性の高い業務フローを構築し、専門チームが運営の品質管理を行う体制をとっています。

MBPでは、お客様へ高品質なサービスを提供するのはもとより、グローバルスタンダードなBPO事業者として、業界を牽引するリーダーを目指し絶え間ないサービスの向上に努めております。

*業務の手順について詳細に記述した指示書である業務標準手順書(SOP:Standard Operation Proceduresの略)

BCP対応

MBPはコンタクトセンター、レコードセンターの免震・耐震構造設計、電源2系統を敷設、電磁シールド、窒素ガス消火装置の設置などBCP対策を講じております。BCPに対する自社での経験を活かして、お客様のBCP対策に貢献できるよう、BCP策定コンサルテーション、ロケーションの選定、運用まで様々なサービスをご提供いたします。

グループ内データセンター

MBPは100年を越す歴史をもつ三井倉庫のDNAを引き継ぎ、クライアント様の大切な資産をお預かりしてまいりました。

これまでのノウハウ、実績に基づき、電子データの取扱いにおいても徹底した運用管理体制を構築しております。三井倉庫グループが保有するデータセンターを利用することにより、いっそう信頼性の向上に努め、お客様に安心をお届けしてまいります。

人材育成プログラム

業務に求められるゴールを設定し、着実なプロセスで人材を育成・評価を実施します。MBPでは、業務の見える化だけではなく、人材の成長度合いの見える化を行うため、目標に対するKPIとモチベーションを本人とマネージャーで共有し、モニタリング、KPI分析、支援、評価を定期的に行い着実に目標まで到達することができるような人材育成プログラムを導入しています。

このようにKPIによる育成プログラムの標準化・共通化は、クライアント様がどのような業種・業態であっても同じ品質でサービスを利用していただくためのベースとなります。

人材育成プログラムフロー
三井倉庫のスマート書庫すましょ 月額100円からの文書保管
dipディップの派遣情報 はたらこねっと 派遣/求人情報はこちら
© MITSUI-SOKO BUSINESS PARTNERS CO., LTD. All Rights Reserved.